RELEASE

ゲームの夏イベントを通して“夏”を
感じるゲーマー達
~夏のゲームイベントに参加した
ゲーマーは全体の39.1%
平均課金額は9,369円~

2020.08.27ゲーマーライフスタイル調査

この季節、多くのソーシャルゲーム/オンラインゲームでは夏をテーマにしたゲーム内イベントが行われています。夏をテーマにしたゲーム内コンテンツを楽しんだり、水着のゲームキャラクターが入手できるなど、ゲーマーにとっては存在感の大きなイベントです。そこでゲーマーの夏イベントのプレイ状況を調べてみました。

【調査結果サマリー】

■ソーシャルゲーム/オンラインゲームの夏のイベント
に参加したゲーマーは39.1%

⇒「夏が1番のイベントでありモチベーションが
上がる」「お祭り気分になる」など、参加者に
とっては待ち望んでいるイベント

■夏のイベントでお金を使ったゲーマーは29.6%

⇒3000円以下の課金者が約半数、
残りの半数は3000円以上の課金額

⇒課金者の平均課金額は9,369円で、
通常時よりも課金がやや高い傾向

■ゲーム内で“夏”を感じ、限定のコンテンツを楽しむ
ゲーマーの姿

⇒ゲームのイベントを通じて“夏”という季節を感じている
ゲーマーが多く見られる

⇒未課金者でもやりごたえのあるコンテンツに満足

【利用データ】

調査対象:10~50代 ソーシャルゲーム/オンラインゲームのプレイヤー

サンプル数:803サンプル

調査時期:2020年8月

調査手法:インターネット調査

ソーシャルゲーム/オンラインゲームの夏の
イベントに参加したゲーマーは39.1%

ソーシャルゲーム/オンラインゲームの夏のイベントをプレイしたかを調査してみたところ、ソーシャルゲーム/オンラインゲームプレイヤー全体の39.1%がプレイしたという結果になりました。【グラフ①】
「夏が1番のイベントでありモチベーションが上がる」(男性/34歳)、「お祭り気分になる」(男性/37歳)のコメントのように、夏イベント参加者にとっては、待ち望んでいたイベントであることがわかります。

また、夏のイベントに参加したプレイヤーの中で、イベントに何らかの形でお金を使ったプレイヤーは29.6%という結果になりました。【グラフ②】
課金者は夏イベント参加者の約3割程度でしたが、課金額を見ると2,001円~3,000円が最も多く17.5%で、3,000円以下の課金者は53.5%と半数以上となります。一方で、残りの約半数は3,001円以上の課金額で、最も高い課金額では25万円という回答が見られました。課金者の課金額の平均は9,369円という結果になりました。【グラフ③】
待ち望んでいたイベントということもあるためか、ややサイフの紐が緩みがちなようです。

ゲーム内で“夏”を感じ、限定のコンテンツを楽しむ
ゲーマーの姿

次に、プレイした夏イベントの感想を聞いてみたところ、「今の状況的に外に出られないのでゲームで少しでも夏を感じられて良かった」(女性/29歳)、「風物詩的な感じ。この時期になったか、と感じた。梅雨が長く季節感が鈍っていたので、気分転換になった。」(男性/26歳)「ゲームのイベントに参加する事で、夏が来たと実感する」(女性/26歳)のように、ゲームのイベントを通じて“夏”という季節を感じているゲーマーが多く見られました。
また、課金したゲーマーからは「新キャラを入手することが出来たので満足している」(女性/25歳)や「目的のアイテムを手に入れて満足」(男性/42歳)のように夏イベントならではの追加要素を楽しんだようです。
一方で、課金していないゲーマーでは「ステイホームには丁度いい熱中できるイベントだった」(男性/38歳)、「屋外で味わえない夏の思い出が得られた」(女性/42歳)など、課金をしなくてもやりごたえのあるコンテンツに満足しているというコメントが見られました。

ソーシャルゲーム/オンラインゲームにおいて夏イベントを始めとするシーズナブルなイベントは、お馴染みのものとなりました。新しいキャラクターやイベントならではの新規コンテンツを楽しんでいるのはもちろんのことですが、課金の有無に関わらずイベントに参加することで、ゲーマーなりの“今年の夏”を楽しんでいるようです。