RELEASE

クリスマスプレゼントにゲーム関連
商品を購入するのは約6人に1人
“身近で大切な人に喜んでもらいたい”
からこそゲームを贈る
~プレゼントは子供や親、
そして自分へのご褒美に~

2019.12.19ゲーマーライフスタイル調査

今年もクリスマスの季節がやってきました。クリスマスと言えば欠かせないのが“クリスマスプレゼント”です。
そこで今回は、ゲームのクリスマスプレゼントについて調査しました。

【レポートサマリー】

■ゲーマーは6人に1人がクリスマスプレゼントとして
ゲーム関連商品を購入

⇒ゲーマーの17.4%がゲーム機関連商品を
クリスマスプレゼントとして購入すると回答

⇒プレゼントとしては馴染みのある「家庭用ゲーム」
関連商品が人気

⇒「アプリゲームへの課金」をクリスマスプレゼント
として行う人も

■クリスマスプレゼントとしてゲームを贈る対象の
選択肢は広がっている

⇒子供にプレゼントすると答えたのが52.2%

⇒40.1%は、自分へのプレゼントとしてゲーム関連商品を購入

⇒親世代にもゲームはプレゼントの選択肢になりつつある

【調査の概要】

調査対象:10~50代の何らかのゲームをしている人

サンプル数:3,084サンプル

調査時期:2019年12月

調査手法:インターネット調査

ゲーマーは6人に1人がクリスマスプレゼントとして
ゲーム関連商品を購入

ゲーマーにクリスマスプレゼントにゲーム関連商品を購入するかを聞いてみたところ、何らかのゲーム関連商品をプレゼントすると回答したのは17.4%と、ゲーマーの約6人に1人がクリスマスプレゼントにゲーム関連商品を購入するという結果になりました。【グラフ1】

そこで、購入する商品別に見てみると「家庭用ゲーム機本体」が50.4%と最も高く、「家庭用ゲーム機タイトル」が38.8%と続き、クリスマスプレゼントとしては、なじみの家庭用ゲームが選ばれていることがわかります。
また「ゲーム関連機器」(14.2%)、「ゲーム関連グッズ・アクセサリー」(12.7%)も1割以上が購入すると回答しているほか、「アプリゲームへの課金」をクリスマスプレゼントとして購入すると答えたゲーマーも約1割程度見られるのは、昨今の風潮を表すユニークな結果でしょう。【グラフ2】

クリスマスプレゼントとしてゲームを贈る人の
選択肢は広がっている

では、どんな人にプレゼントをするのでしょうか?

クリスマスプレゼントをする相手を聞いてみたところ、52.2%と半数以上が「子供」と回答しました。
「子供がサンタさんにお願いをしたものをプレゼントするというのが家庭のルールのため」(女性/23歳)、「欲しいとねだられていて、自分も興味があるから」(男性/28歳)など、子供に対して特別感を演出するには、やはりクリスマスは非常に良いタイミングであることがうかがえます。

続いて多いのが「自分」へのクリクマスプレゼントとしての購入で40.1%。「クリスマスはゲームを買うきっかけになる」(女性/19歳)、「値段が高いので、クリスマスなどのイベントは自分へのご褒美に買うのに良い機会だから」(女性/35歳)、「大人にサンタは来ないから」(男性/31歳)などの理由が見られ、近年、様々なイベントで“自分へプレゼントする”というトレンドが見られますが、クリスマスにおいてもこの傾向が高まっているようです。

また、割合は少ないですが、「親」へのプレゼントとしてゲーム関連商品を購入するとの回答が2.4%見られました。プレゼントの理由を見ると「ゲームファミコンが好きな人だから」(女性/34歳)、「認知症予防のためにプレゼントした」(女性/26歳)など、親世代でもゲームが喜ばれるプレゼントとなってきているのは、以前はあまり見られなかった傾向です。記録的大ヒットをした『ファミコン』が発売された当時に熱狂した世代も現在は50歳前後と親世代になっており、今後は“親世代へゲームをプレゼントする”という現象も増えてくることが考えられます。

時代が変わっても共通しているのは、クリスマスプレゼントは“もらう人に喜んでもらいたい”ということです。
ただ、少し前まで子供への特別なプレゼントというイメージがあったゲームですが、時代の流れにより少しずつですが、子供だけではなく、自分を含めた様々な人にゲームはプレゼントとしての選択肢になりつつあるようです。
今年のクリスマスは大切な人にゲームをプレゼントして一緒に遊んでみてはいかがでしょうか。