IPS(Innovative Power Segment)

イノベータ理論に基づく、パッケージゲーム(ゲーム専用機)の先行性・関与度に関し、当社が独自に構築したユーザーセグメンテーション指標です。当社が保有する40万サンプルの調査モニターには、全員にこのIPSフラグが付与されています。年2回(春/秋)メンテナンスを行っており、常に最新の状態に整備しています。

IPSの算出メソッド

  • 当社が保有する40万サンプルの調査モニターの更新調査の際、IPS算出用の設問を組み込みます。
  • 「ゲーム機所有状況」「プレイ状況」「ソフト購入本数」「情報接触・伝達態度」などの設問の回答パターンに応じてIPS属性を算出し、各IDに付与します。
  • セグメントは[イノベータ][アーリーアダプタ][ブリッジピープル][アーリーマジョリティ][レイトマジョリティ]の5属性。(ゲーム専用機非所有者の[ラガード]を入れると6属性)
    • [アーリーマジョリティ]と[レイトマジョリティ]は統合して[マジョリティ]とすることもあります。

各セグメントの特徴

セグメント名称特徴市場構成比年間ソフト購入本数
イノベータゲームに関する関与度・先行性が最も強いユーザー群4.9%12.2本
アーリーアダプタ比較的早期に購入に踏み切るユーザー群8.7%5.9本
ブリッジピープル自身の判断基準はそれほど明確ではないが、マジョリティへの情報伝達機能を持つユーザー群9.7%1.1本
アーリーマジョリティ周囲の状況や流行感の影響を受けやすいユーザー群11.1%2.9本
レイトマジョリティ周囲の状況や流行感を確認した上でようやく購入に踏み切るユーザー群16.8%0.1本
ラガードゲーム専用機を1台も所有していない、マーケット対象外の顧客群48.7%
  • ”年間ソフト購入本数”は、家庭内のユーザー重複などの要因が含まれますので”市場構成比”との乗算を行っても年間販売本数と合致するものではありません。
  • 掲載しているデータは2012年春のものです。

PlayStation3のIPS

  • 『ハードフォーキャスト2012春』(2012.4.30発行)より
IPS PS3のIPS